• 三菱UFJニコスについて
  • 企業姿勢・ポリシー
  • CSRへの取り組み
  • ニュースリリース
  • 採用情報

持続可能な環境・社会の実現

常に変化する環境・社会課題を先取りした取り組みを実施し、本業を通じて持続可能な環境・社会の実現に貢献しています。

環境理念・方針

三菱UFJニコスでは、環境理念・環境方針を制定し、環境に配慮した活動を行っています。

環境理念

当グループは、地球環境の保全・保護が人類共通の責務であることを認識し、良き企業市民として、より良い環境の創造に向けた活動に積極的に取り組むことで社会的責任を果たしてまいります。
また、環境に配慮した企業活動を通じ、持続可能な社会の実現に資する産業界および個人の環境保全行動を可能な限り支援してまいります。

環境方針

  1. 法令等の遵守
    環境保全に係わる諸法令・規則および当社が同意している環境関連の各種協定を遵守します。
  2. 金融サービスを通じた環境保全
    高品質な金融商品・金融サービスの提供を通じて環境の保全・保護に資する事業を支援し、社会全体の環境に関するリスクの低減に取り組みます。
  3. オフィスにおける環境負荷の低減
    事業活動における資源の消費や、廃棄物の排出による環境への負荷を認識し、資源循環の取り組みや、エネルギーと資源の有効活用を通じ、環境保全に努めます。
  4. 環境改善と汚染の予防
    環境に対する効果の継続的な検証を心がけ、継続的な改善と汚染の予防に取り組みます。
  5. グループ内啓発と全員参加
    環境に対するグループ内の啓発を心がけるとともに、役職員が業務・業務外を問わず、活動しやすい枠組みを用意し、役職員ひとりひとりの環境保全活動を推進します。
  6. コミュニケーション
    本方針をグループ内に周知するとともに一般に公開し、広く社外のコミュニケーションを通じた環境保全活動の啓発・推進に努めます。

環境に関する行動方針

MUFGグループは、地球環境問題への危機意識を共有し、環境への取り組みを進めていくための指針として「MUFG環境に関する行動方針」(2008年6月)を制定しました。この行動方針にしたがって、従業員一人ひとりが総合金融グループとしての果たすべき役割を自覚し、環境配慮につながる商品やサービスのご提供など環境への取り組みを一層向上させてまいります。

取り組み事例

三菱UFJニコスでは、事業活動にともなう環境負荷の軽減の取り組みと、事業を通じた環境改善の取り組みを行なっています。

環境に配慮した「MUFGカード」の発行

MUFGカードカード入会から発券、ご利用明細書、ポイントの還元まで、一貫して環境に配慮した「MUFGカード」を発行。カード焼却時に塩素ガスを出さないPET-G素材や、FSC(森林管理協議会)の認証紙利用に加え、国内の森林整備・植林事業を行う環境保全団体への寄付プログラムをポイント商品としてご用意しています。

環境イベントへの参加・協賛

環境フォト・コンテスト ロゴ未来を担う子どもたちを対象に毎年開催される「環境フォト・コンテスト」(昭和シェル石油主催)に協賛しています。
環境保全活動の一環として、小中学生・高校生たちの柔軟な発想と、環境を通じて未来を見据える姿勢を応援しているものです。

高校生の就業体験プログラム「ジョブシャドウ」の実施

高校生の就業体験プログラム「ジョブシャドウ」の実施MUFGグループ、ジュニア・アチーブメント日本、東京都教育委員会と共同で、高校生の就業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施しています。社員と二人一組になった学生の参加者が、職場の雰囲気や社員の働く様子を見聞するものです。

「教員の民間企業研修」の実施

「教員の民間企業研修」の実施 一般財団法人経済広報センター(経団連の外郭団体)主催の「教員の民間企業研修」に、1999年から参画し、教職員の方々の研修を受け入れています。クレジットカード市場の現状、IT決済への取り組み、CS推進活動などの受講やセンター見学を通じて、学校教育でのクレジットへの理解を促すものです。

公益財団法人オイスカへの寄付活動

公益財団法人オイスカへの寄付活動2009年よりご利用明細書のWEB化により削減される用紙代の一部を、環境保護の分野で幅広く活動する公益財団法人オイスカへ寄付しています。
寄付金の一部は、オイスカが推進する国内の学校林整備や、東日本大震災の津波により失われた海岸林の再生事業などに役立てられています。

金融経済教育

金融経済教育金融や経済への理解を促すことで次世代でのクレジット社会の健全な発展に寄与できたらと考えています。

このページの先頭へ